UP RUN

MARATHON COLUMN

マラソン豆知識

お酒好きランナーさんへ。マラソンとお酒の関係について!

お酒好きランナーさんへ。マラソンとお酒の関係について!

はじめに

マラソン大会へ向けてトレーニングに励んでいるランナーの中には、お酒好きの方もかなり多いのではないでしょうか。

毎日仕事の後の晩酌がかかせない、仕事の後に同僚との飲み会、友達からのお誘いでついついお酒が進んでしまう・・・など、人によって飲む頻度も違えば量も違ってくるでしょう。
お酒を嗜む程度なら問題はないのですが、次の日がつらくなってしまうほど飲んでしまう方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか?

お酒は百薬の長とも言われますが、一般的には「アルコールは体によくない」と聞きます。ましてや大会出場を控えているランナーにとってお酒は大敵です。
とはいえトレーニング中であっても、お誘いがあったからには、
『トレーニング中なので…』『マラソン大会が近いので…』と言って断ることが出来ないこともありますよね。
・・・では、どうしたらトレーニングをしながらうまくお酒と付き合っていけばいいのでしょうか?

今回はマラソン、ランニングをしながら上手にお酒と付き合っていく方法をご紹介しいきます!
お酒好きランナーの方も上手に大好きなお酒とお付き合いして頂けるようになりますよう・・・

アルコールが体に与える影響とは??

まず、アルコールが体に与える影響を正しくご存知でしょうか?

肝臓に悪い、カロリーが高いなど一般的によく言われていますが、
実はアルコールの害に関してあまり認識がない方も多いのではないでしょうか?
トレーニングを行う上でアルコールが体に与える影響を知っておかなければなりません。お酒をセーブする心がけにも繋がります。

アルコールはカロリーが高い!

健康志向の方に「カロリーが高いからお酒を飲まない」という方がいらっしゃるように、
言わずと知れた、とてもカロリーが気になる飲み物です。
また、ランナーの中にもしカロリーを全く気にせずお酒を飲んでいる方がいらっしゃるようであればかなり問題です。すぐにアルコールとのお付き合いを見直すべきです。

ではどのくらい高いのかというと…

●缶ビール500ml:200キロカロリー以上

●甘いカクテル系のお酒:約400キロカロリー

缶ビールだけのカロリーだけを見ると、そんなに高くないかも…なんて思うかもしれません。
ちなみにビール一杯が白米一杯分とよく言われますが、
実は、140グラムのお茶碗一杯分の白米のカロリーは約230キロカロリーなので、若干白米のほうが高いといえます。

・・・しかし想像してみてください。
上司、同僚や同僚と飲みにいって1杯では終われませんよね・・・・・・
しかもカロリーに着目するだけでなく、内容成分をみると糖質、炭水化物などさまざまなものが含まれています。
ちなみにカクテルを一杯飲んだとして、その400キロカロリーを消費するためには、1時間程度のランニングが必要になります。

そのうえ、絶対と言っていいほどおつまみが欲しくなりますよね?!
しかもお酒に合う揚げ物系をたくさん食べてしまったり・・・!!

お酒を分解してくれる臓器、肝臓は、実は食べ物を分解するのにも大きな役割を果たしています。

しかし、お酒を飲んでいる時は、アルコール脱水素酵素という酵素が肝臓で忙しくアルコールを処理していますので、食べ物の処理にまで手が回りません。

長距離ランナーにとって体重管理も大切。

飲みながら食べる行為は、かなり体に余分な栄養素が蓄積されるので量をセーブしなければなりません。

疲労が蓄積している体のアルコールは、身体の回復を遅らせる

トレーニングが終わった後の一杯を楽しみに日々トレーニングに励んでいる方もいるのではないでしょうか?
このなんとも捨てがたい一杯・・・。実はこの行為、運動後のアルコール摂取ほど身体を痛めつける可能性があることを皆さん知っていらっしゃいますか?

上記でもお伝えしましたが、
アルコールを摂取すると、分解しようと肝臓が活発に動き始めるので本来の肝臓の働きが妨げられます。
それによりトレーニングにより傷められた筋肉の合成、回復が阻害され悪影響を及ぼします。
また、アルコールは、筋肉の育成に欠かせない成長ホルモンの分泌を抑制します。この点からも運動後の身体の回復が妨げられると言えるでしょう。

ベテランランナーの方は熟知していらっしゃるように、
トレーニング後如何に体を回復させるかもトレーニングの一環であり、回復しないまま再度トレーニングをすると思わぬ怪我につながる可能性もあります。トレーニング後のアルコールは要注意です。

アルコールだって水分なのに?!実は身体から水分を奪う…

お酒を飲んでいるとすごくいつもよりお手洗いに行く回数が多くなりませんか?
飲んだものがすぐ出て行くから効率的!!なんて思う方は少ないかと思いますが(笑)
原因はアルコールにある利尿作用。
体が早くアルコールを分解して体内から排出しようとしているのですが、
代謝と排出の過程で血液や細胞の水分までもが失われています。
それと同時に貴重な塩分や栄養素も尿として排出され、疲れが残る原因になります。
ミネラルバランスが崩れると、翌日むくんだり、脚をつりやすくなる場合もあります。
通常の生活の中でも不足しがちな水分量が、飲酒することでさらに不足してしまうのです。
ランナーにとって体内の水分量はとても重要。日々のトレーニングの時点から気をつけておかなければなりません。

どうしてもお酒がやめられない…そんなランナーはどうすれば?

摂取したアルコールがどのように体に影響するのか、日々のトレーニングにどういった影響を与えるのかご紹介しました。

ランナーはやっぱりお酒はやめたほうがいいのかも…なんて考えてしまいますよね。

実は、タイムの早いベテランランナーさんのなかでもお酒が好きでやめられない方は多くいます。
結論からいってしまえば、ランナーの方も無理にお酒をやめる必要はないでしょう。
もちろん、飲まないに越したことはないのですが、無理に我慢してストレスが溜まったり、仕事のお付き合いで飲酒量のセーブができずに飲みすぎてしまった・・・という結果になってしまう方が良くありません。
むしろ、ベテランランナーの中にはアルコールを燃料のようにパワーに変えられる方もいます!
結果、アルコールの体に与える影響をしっかり理解してお付き合いをしていけば日々のトレーニングに悪影響を与えることはそんなに無いと言えるでしょう。

お酒好きのランナーさんは、しっかりとアルコールの影響を理解して体調管理をしています。その分練習量が一般の人と比べて多い傾向にあります。

お酒を飲んだときは無理をしない、翌日は無理をしないなどさまざまなルールを自身で作り、
その分他の日にトレーニングの量を通常より増やしたりしてカバーしています。
これも、お酒と上手に付き合っているからこそ出来る自身のトレーニングメニューだったりしますので、
どうしてもお酒をやめられないランナーの方は、まず直近の予定を加味して練習メニューを作ってみましょう!!

まとめ

今回は、お酒好きのランナーさんへ向けて
アルコールが体に与える影響、またマラソントレーニングにどう影響してくるのかを
重要な部分をピックアップしてご紹介させていただきました。

結論として、どうしてもお酒がやめられないランナーさんについては無理にやめる必要はありません。むしろ、トレーニング後の一杯が楽しみで頑張れる方もいるでしょう。
また、ランナー同士の交流もただ走るだけではなく、たまにはお酒の席で交流することでもっと深まることもあるでしょう。
重要なことは、どうお酒と付き合っていくのか?これにつきます。

一般の方の中にも、お酒の飲み方については気をつけている方も多いのですが
ランナーはそれ以上に気をつけて付き合っていかなければなりません!!
頭で分かっていても行動に移していくのはなかなか難しいので、しっかりと1週間のスケジュールメニューを考えて地道に実行していきましょう!
大好きなお酒と上手に付き合っていきながら、トレーニングに励み大会でタイムアップをめざしましょう!!

>>マラソン豆知識の一覧に戻る

>>UPRUNおすすめ大会一覧はこちら!