UP RUN

MARATHON COLUMN

マラソン豆知識

どちらかがいいのか?ピッチ走法とストライド走法って??

どちらかがいいのか?ピッチ走法とストライド走法って??

日々ランニングやマラソンに励んでいるみなさんは、自分の走り方を意識なさったことはありますでしょうか?

今回ご紹介するのは走り方の手法です。大きく分けると「ピッチ走法」と「ストライド走法」というものがあります。

ピッチ走法の『ピッチ』とは、走っている際の1歩の時間の事で、ストライド走法の『ストライド』とは走っている際の1歩の長さの事を指します。

簡単に言うと、ピッチ走法とは歩幅を小さくして走る方法です。その分足の回転が速くなるためゴールまでの歩数は増える一方ですが、 逆にストライド走法とは走っている歩幅を大きくして走る方法の為、足の回転はその分遅くなる手法になります。

どちらもメリットとデメリットはありますが、プロのランナーはもちろん、ベテランランナーの方もどちらかに分類されるため、マラソンを完走する、タイムを更新したり、効率よく走るためには向き合わなければいけないことの一つとも言えます。

今回はそんなピッチ走法とストライド走法のメリットデメリットを踏まえ、ご紹介していきたいと思います。

ピッチ走法とストライド走法のメリット、デメリットとは??

ピッチ走法とストライド走法、双方のメリットとデメリットを照らし合わせてみましょう。

ピッチ走法のメリットデメリット

個人差はもちろんありますが、初心者の方の多くは1分間に160~180回足を前へ蹴りだして走っています。プロやベテランランナーになるとこれが200回を超えてくる場合もあります。 初心者は足を速く前に出そうとして足を運ぶピッチを早くしようとしてしまいがちですが、特に無理することはありません。足の運びを小さく蹴りだすこのピッチ走法は、日本人向けの走法だといわれており、筋力があまりない人に最適の走法だと言われています。

・ピッチ走法のメリット

では、実際にピッチ走法のメリットはどんなものでしょうか?

走り方を意識した走りと比べて、意識せず走る通常の走り方では、足を着地させたときにかかる足首への衝撃は相当なものです。

ですが、ピッチ走法では足を運ぶ動作が小さいため同時に体の上下の動きも弱くなります。足が着地したときの衝撃が弱まる傾向にあり、そのため筋肉への負担が軽く、常に一定の速度で走ることができ、リズムに乗れば速度調節が容易に可能になります。

・ピッチ走法のデメリットとは

足を前に運ぶ動きが小さい為、短い距離を走る際は足の回転数を早くする必要があります。足の回転を速くすることで自ずと心拍数が上昇するため体力を消耗し、体の疲労が激しくなります。

フルマラソンでは長い時間腕を振っているので体力を消耗します。余計に疲労が進むため、普段から腕の振りを意識したトレーニングを実施して慣れさせておくのが重要です。

マラソンは足を使うスポーツの為、下半身の強化をメインにトレーニングを進める方が多いですが、先ほどもお伝えしたように腕立て伏せなども取り入れてトレーニングをすすめるのもおすすめです。

ストライド走法のメリット、デメリット

ストライド走法のストライドとは歩幅の事で、個人差はありますが初心者の方は一般的に75~100cm前後といわれています。トップランナーになるともう少し開いて160前後、もしくはそれ以上になります。

・ストライド走法のメリット

歩幅の幅を大きくして走るストライド走法では、足を大きく前に踏み出すためピッチ走法とくらべて足の回転がピッチ走法と比べて遅くなるため、その分歩数は少なくなります。

早く走ろうとすると歩幅を大きくしようとしてしまうかもしれませんが、無理をするとランニングフォームが崩れてしまう可能性があるため、無理に歩幅を広げるのはやめましょう。

どちらかというと筋力が強い方向けの走法と言えます。体への負担が大きいので、あまり筋トレをしていない初心者の方は、まずはしっかりと筋肉をつけるトレーニングをするように心がけましょう。

・ストライド走法のデメリット

足を大きく前に出すストライド走法では体の上下の動きが大きくなるため、その分地面に着地したときの足へかかる衝撃が大きくなります。

ピッチ走法と比べると消費エネルギーは少なくはなるのですが、足をはじめとした体への衝撃は大きく、負担がかかってしまいます。よってあまり筋力がない方は思わぬ故障につながる可能性があるため、特に初心者の方はより注意が必要です。

ピッチ走法とストライド走法ってどう選べばいいのか?

ここまでは双方のメリットやデメリットについてご紹介いたしましたが、では実際に、どちらが自分に合っているのでしょうか。

マラソン大会に出場していると自ずと前回のタイムを更新したい、縮めたいという目標がでてくるかと思います。

一般的に体の怪我や故障がない限り、トレーニングを続けていれば始めは自ずと縮まってくる人がほとんどですが、ある一定のレベルまで達してしまうと徐々にタイムが伸びづらくなってきます。

その際、タイムを縮める為にいろいろな試行錯誤を繰り返しますが、その一つとして挙げられるのがピッチ走法とストライド走法の選択になります。

どちらを選択すればいいのか、結果的には人それぞれの体格や個人差によっても変わります。簡単に考えるとピッチを意識して早くすれば、ストライドはその分小さくなってしまいますが、その一方でストライドを意識して大きく取ればピッチは遅くなってしまいます。

マラソンのタイムを意識する際には、ピッチを早くするのか、ストライドを大きくするのかになってきます。マラソンのスピードはこのストライドとピッチの掛け合わせで決まります。

簡単に考えると歩幅が大きくその分歩数も多ければその分タイムも上がります。タイムが伸び悩んでいる場合、始めはストライドを少し大きく取るようにしてみましょう。

ストライドを大きく取る場合、体の動きが激しくなるためランニングフォームの崩れが無いように意識するのを忘れないようにしましょう。腰を高くして重心を身体の上に取るようにすると重心移動が楽になり推進力が増します。

どうしても個人差があるので、一概にどちらがいいとは断言できないのですが、トレーニングを重ねていくうえで、ピッチ走法とストライド走法どちらも意識やトライをしてみて、自分に合った走法を選択したり組み合わせることで、最終的には自分に合った最適な走り方が見つかるはずです。

まとめ

今回はピッチ走法とストライド走法についてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

マラソンを続けていると誰しもぶつかるのがタイムの壁。

記録を更新するために様々な改善案がありますが、その中でも有効的な手法として挙げられるのが、今回ご紹介した、ピッチ走法とストライド走法になります。

自身にあった走り方を見つけ出すまでには少し時間はかかりますが、高い確率でタイムへ直結してくる方法になるので参考にしていただければと思います。

この走法と手法を実践するためには自身の筋力も影響してくるので、日ごろのトレーニングには筋トレも取り入れることで相乗効果が期待できます。

自身にあった走法を見つけ出し万全な状態でマラソン大会へ出場するようにしましょう!

>>マラソン豆知識の一覧に戻る

>>UPRUNおすすめ大会一覧はこちら!