UP RUN

MARATHON COLUMN

マラソン豆知識

ベストシーズン到来!冬のマラソン大会に向けに準備するものとは?

ベストシーズン到来!冬のマラソン大会に向けに準備するものとは?

はじめに

マラソン大会に向けて日々ランニングの励んでいるランナーさん達にとって、 秋から冬に移ろうこの季節、段々走りやすくなってきているのではないでしょうか。

毎年この時期がマラソン大会のベストシーズン。 気持ちよく走りきるために 、 冬のマラソン大会の服装や、準備しておいたほうがいいものについて今回はご紹介していきます。

まだマラソン大会に参加されたことがない方や、冬にマラソン大会に初めて参加する方、また、何度もマラソン大会に出場されたことがある方もご参考にどうぞ!

マラソン大会の服装は何がいいの?

冒頭にもお伝えしましたが、冬は、東京マラソンや箱根駅伝なども行われるようにマラソンに適している季節のひとつになります。

ある一説では、「気温が10度くらいのほうがベストタイムが出やすい」ともあるようです。冬はマラソンに最適な季節なのかもしれません。

ということであれば!この記事を読んでいただいているランナーの皆さんの中には、「ぜひ大会に参加してタイムを縮めたい!」という方、初心者ランナーさんも 「タイムが出やすい季節=走りやすい季節、ということならば 初めての大会参加はこの時期に!」と考える方も多いでしょう。

果たして冬のマラソンの服装はどうすればいいんだろう?服装についてまずはご紹介していきます。

・マラソン大会会場までの服装について

特に、初めて参加する方にとっては気になるところのひとつ、マラソン会場までの服装ですが、そこまで深く考える必要ななくいつも通りの普段着で行って問題ありません。

ですが、大会用のウェアに着替えたあと、着てきた服をバッグに収納することを考えると会場までの服装もコンパクトに収まるものがいいでしょう。しかし、冬ですから体が温まっていない場合はとても寒いので、防寒対策はしっかりとしておいてください。

まるでデートに行くような、あまりにもオシャレすぎる格好は会場でひときわ目だってしますので気をつけるようにしましょう。

・着替えはできるのか?更衣室はあるの??

特に女性にとってここはとても重要だと思います…

多くのマラソン大会では、更衣室の準備がしっかりあります!

ご安心ください!もちろんUP RUNのマラソン大会でも、更衣室の準備がすべての会場にあります!

河川敷などの大会も多いためテント型の更衣室になってしまいますが、プライバシーはしっかり保護されています。

ただ、会場で体が温まっていない段階で着替えをするのはとても寒いので、朝出発するときの服装の中にマラソンウェアを着てくるのもひとつの手かもしれません。

UPRUNマラソン大会で用意している更衣室の様子を、下記でも紹介していますので参考にしてみてくださいね!

→こちらをクリック!参加者目線でUP RUNのマラソン大会をご紹介←

冬の大会の服装と、便利なグッツとは?

経験がある方はご存知でしょう、冬のマラソン大会は寒さへの対策がとても重要になってきます。サポートタイツや、その上はハーフパンツにするのか長いパンツにするのか・・・などなど、悩みどころも多いのでは?

天候によって気温の変化も激しい冬のマラソン大会だからこそ、簡単に脱いだり着たりウェアがベストです。それを踏まえ、おすすめのウェアと持っておくと役立つものをご紹介していきます。

・冬のマラソン大会は最低限これさえあれば大丈夫!

●帽子(あまり厚手の物ではなくて大丈夫です!)

冬といえど紫外線も気になるところ。特に女性はつばつきのものを選ぶといいでしょう。ニット帽で走っている方もいますが体が温まってくると結構暑くなるので要注意です。

●ウィンドブレーカー

スタート前やスタート直後は体が冷えているため、とても寒いです。ランニングウェアの上に軽く羽織るものがあるとベストです。できれば軽量のジャケットがいいので、コンパクトに折りたためるものを選ぶようにしましょう。

●ランニングパンツ

冬のマラソン大会では短いものを履こうか、長いものにしようか悩みどころ。冬だからといってロングパンツや七分丈の長いパンツを履いている方はあまり見かけません。走っているうちに体が温まってくるので、ロングパンツは走る邪魔になる可能性があります。冬のマラソンでも、ハーフパンツやショートパンツがおすすめです。

●ランニングタイツ

冬のマラソン大会では、ハーフパンツやショートパンツの下に履くランニングタイツがおすすめアイテム。防寒対策のひとつとしてランニングタイツをはくのはもちろん、疲労を軽減したり、怪我を予防するといった機能性にも優れているので、体のことを考えてもおすすめのアイテムです。

●グローブ

体の末端が冷えることで体の血流も悪くなるので、手袋(グローブ)も持っておくと安心。もちろんスタート後は長時間走ることになるので体も手も温まって問題はないのですが、スタート前まではつけていたほうが良いかも・・・。

●アンダーウェア(体温が奪われるのを防止)

冬のマラソン大会では、寒さ対策と動きやすさを考慮して「半袖Tシャツ」&「長袖アンダーシャツ」という組み合わせをしている方を多く見かけます。体にフィットし、防寒性や紫外線対策、動きやすさにもすべてにおいて優れているアンダーシャツを組み合わせることで、快適に冬のマラソンを走ることが出来ます。

・・・他にも、

  1. ネックウォーマー・アームウォーマー
  2. ソックス
  3. 使い捨てカイロ(スタート前まで持っていると便利です)  等々

冬のマラソンは汗に注意!

マラソン大会を長い距離を走れば必ず汗をかきます。その汗をそのままにしておくと逆に体が冷えてしまうので危険です。

特に、冬のマラソン大会ではヒートテックを着ている人も多いのですが、ヒートテックの場合、通気性が良い分大量の汗をかくと逆に冷えてしまうことがあります。ヒートテック以外もランニングウェア自体通気性に優れているものが多いので、走り終わった後からすぐに体は段々冷え込んでいきます。走り終わった後にすぐに着替えるか、こまめに汗を拭くようにしましょう。マラソン大会に出場する際は、朝夕は冷え込み、日中は温かくと気温の変化にさらされることになりますので、汗には十分注意してください。

そして・・・

たくさん汗をかいたら、やはりさっぱりしたいものですよね!大会会場によっては近くに入浴施設や温泉もあったりします。

マラソン大会後にお風呂に入り、体も心もスッキリ!UP RUNでは各大会会場の魅力、おすすめ近隣情報をまとめている記事があり、入浴施設情報がある大会もあるので下記をチェックしてみてください!

【各大会の情報】→各会場の特徴をご紹介!←こちらをクリック

まとめ

今回は、冬のマラソン大会に向けておすすめの服装や準備しておいた方が良いものをご紹介しました。

冬は数多くのマラソン大会が各地で開催されるように、マラソンに適した季節となります。ですが、走りやすい季節だからこそ服装や走り終わった後のケアに注意をしないと危険な一面もあります。

一番は寒さ対策ですが、走り終わった後の汗にも十分注意してください。

しっかりと準備をして望めば、冬のマラソン大会はとても走りやすく、ベテランナーのランナーの方は自己記録更新にもつながり、初心者の方も初めて走る距離にチャレンジしやすくなります。

冬のマラソン大会へ是非御参加ください!

UP RUNスタッフ一同、心よりお待ちしております!

>>マラソン豆知識の一覧に戻る

>>UPRUNおすすめ大会一覧はこちら!