UP RUN

  • MARATHON COLUMN

    マラソン豆知識

    マラソン大会当日が雨…雨の日のマラソン大会の対策とは?

    マラソン大会当日が雨…雨の日のマラソン大会の対策とは?

    はじめに

    大会に参加する方で、申し込んだマラソン大会の当日が雨予報だった、または雨だったという経験がある方は少なくはないでしょう…

    よほどの大雨ではない限り中止になるマラソン大会はあまりなく、小雨程度、走れる視界が確保できるようであれば雨天決行になる場合がほとんどです。

    日々マラソン大会に向けてランニングやトレーニングしている方は、トップランナーになれば天候関係なくトレーニングをしていますが、雨が降っているとなかなか外でランニングは行っていない方が多いのではないでしょうか?

    その場合、仮に初めてマラソン大会に参加する当日が雨だと、マラソン大会に出場することも、雨の中走ることも、初体験になってしまいます。

    本日は、マラソン大会当日が雨だった場合の対策や準備しておいた方が良いものをご紹介していきます。

    トレーニング自体も雨の中わざわざする必要もないですが、雨の中ランニングをしておくことで得られるメリットや、気を付けてほしい事もご紹介していきますので是非参考にしてください。

    雨の日のマラソン大会は防水対策をしっかりして走るようにしよう!

    自身が申し込んだマラソン大会当日が雨予報の場合、当日天候が変わる場合もありますが、降ってしまった時の事を考えて早めに防水グッズを準備しておくことをお勧めします。

    当日の気温や季節にも左右されますが、雨が降ると体が濡れて体温が奪われ身体が冷えてしまい、パフォーマンスが発揮できずうまく走れなかったり、マラソン大会後の体調不良につながったりします。

    マラソン大会当日が雨予報だった場合はできるだけ早めに防水、季節によっては防寒グッズを準備するように心がけましょう。

    防水スプレーやレインコートなどは雨から体が濡れないようにするためのもの、濡れた体をそのままにしないように大きめのバスタオルや着替えを余分に持っていくようにしましょう。

    濡れた髪をそのままにしておくと季節によってはマラソン大会後に体調を壊してしまう場合もあり、ドライヤーも使えないのでタオル類は多めに準備しておいた方が良いでしょう。

    また、季節によって体の体温が奪われることが考えられる季節には、手袋、カイロなども準備しておいてもよいでしょう。

    雨の日のマラソン大会のレース前とレース後の注意点とは?

    雨の日のマラソン大会では、晴れて天気がいい日のマラソン大会よりも注意すべきことが増えます。

    真夏の日差しが強い時期のマラソン大会と比べて、雨の方が体力を奪われることなく走り切る事が出来るかもしれませんが、基本的に雨の日の方が注意すべきことが増えてきます。

    晴れの日のマラソン大会と同じような準備内容で走ってしまうと、思わぬ故障などに見舞われることも考えられる為、参考にしてみてください。

    レース前に注意すべき事は?

    マラソン大会当日の季節や気温にもよりますが、できるだけ雨にぬれずに体温を下げないようにすることが重要です。

    晴れの日でも、ある程度身体を温めてからスタートしないとパフォーマンスが最大限発揮できないのですが、雨の日は特に体を温めた状態でスタートしないとパフォーマンスを発揮できない上に、思わぬ故障につながってしまう事が考えられます。

    よって、できる限り雨にぬれないようにする事が重要です。

    大きい大会になればなるほど出場ランナーの数も多くなりエントリーするための列にも長く並ぶことが考えられます。この時間が長ければ長いほど体は冷えていきますので、できる限りレインコートや傘をさして雨に濡れないように心がけるのが重要です。

    レインコートも雨の強さによっては洋服が濡れてしまう事が考えられるので、レインコートを着て傘をさしておくのをお勧めします。

    レース中に注意すべきことは?

    身体を冷やさないように気を使っていても、気温によってはなかなか体が温まらず冷えてしまう事も考えられます。もし体が冷えてしまったら、早く温める為に少しいつもよりペースを上げて走り、体温を上げるのも一つの手です。

    先ほどもお伝えしましたが、体が冷えた状態だとパフォーマンスが下がってしまいがちです。

    雨の日は路面も滑りやすくなっているので、いつもならカバーできることも体温が下がることで体の反射が悪くなり転んでしまい、怪我につながることも考えられます。できるだけ早く体温を上げることを意識しましょう。

    また、雨の日で気温が低い日は晴れの日よりエネルギー消費が激しい為、補給職でいつも以上にエネルギー補給をする共に、雨に濡れていると汗の量も感じにくい為水分補給をいつもより多めにするように心がけましょう。

    レース後に注意すべき事とは?

    雨の中のレースを完走した後は、身体がシャワーを浴びたようにビショビショに濡れています。体が温まりきっていて、むしろ濡れている事が気持ちよいとも感じるかもしれませんが、濡れた体のままいるとすぐに体温が奪われていくので早めに体の水分をしっかりふき取り全身着替えるようにしましょう。

    濡れている時間が長いと、その分マラソン大会後に体調を壊す原因となります。
    雨の日のマラソン大会は、先ほどもご紹介したとおりエネルギーの消費が激しくなります。

    自身が気づかなくとも同じ距離を走っているのにも関わらずいつも以上にエネルギー消費が激しいので帰宅後にもリカバリーをしっかり行うようにしてください。

    雨の日に行うランニングのメリットと注意点とは?

    これまではマラソン大会が雨だった場合の注意点などをご紹介してきましたが、日々のランニングをする中でわざわざ雨の中ランニングを行うメリットはあるのでしょうか?

    結論から言うと、あります。

    やはりマラソン大会当日が雨の場合、雨の中のトレーニングやランニングを日々行っていないと初めて雨の中走ることになるので、体に経験させておくためにも雨の中ランニングをしておくことは重要だと感じています。

    また、雨の日にランニングを行うと、「雨だからランニングをしない」という選択肢がなくなるため、ランニング自体を週間化することが可能です。

    『継続は力なり』という言葉がありますが、トレーニングやランニングは継続しないとマラソン大会に出場した際に完走できないなんてことも考えられるので、雨の日でも走れるようになるとしっかり継続できることにつながります。

    ただ、雨の日にランニングを行う際はやはり路面は濡れ、滑りやすくなっていますので注意が必要です。

    体調を壊してしまいマラソン大会に出場できなくなってしまったら元も子もありません。 季節によっては体温が奪われてしまいがちなので、思わぬ怪我にも要注意です。

    まとめ

    今回は、マラソン大会当日が雨だった際の注意事項などをご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

    雨の日は晴れの日に比べ注意すべき点が増えますが、一番は思わぬ怪我をしないことです。

    体調が悪くなってしまう事も考えられるので無理をせずに棄権をすることもとても大事になります。

    せっかく参加するマラソン大会なので、できる限り完走を目指して準備や注意事項を忘れずに実践することで、天候に左右されずにパフォーマンスを最大限発揮し完走することができるようになります。

    雨の日に一番注意して欲しい事はやはり体を冷やさない事です。

    レース前、レース中、レース後でできる限りのケアをして、雨の日のマラソン大会を楽しみましょう!

    >>マラソン豆知識の一覧に戻る

    >>UPRUNおすすめ大会一覧はこちら!