UP RUN

venue-Higashioojima

東大島大会の魅力

毎週各地でマラソン大会を開催しているUP RUNですが、その中でも強い人気を誇っているのが荒川河川敷で開催される各大会になります。
今回はその中のひとつ、東大島マラソン大会にフォーカス、土地ならではの魅力をご紹介していきます。
東大島と聞くと、お住まいの方は別としてなかなかなじみがない土地かもしれません。
すぐ脇には荒川が流れていて、荒川の河川敷のいいところとして上げられるフラットなコース。
ランナーさんには大変お勧めの土地、マラソン大会となっております。

アクセス良好!UP RUN 東大島マラソン大会と概要について

大会会場の最寄り駅は、都営新宿線『東大島』になります。
新宿からは、乗り換えのない各駅停車に乗っても、約30分ほどで到着します。
隣の『大島』駅には急行も止まるので、大島駅で各駅停車に乗り換えれば一駅。20分ほどで着いてしまうのです。
また、都営新宿線ですが、京王線との直通運転もあり高尾や八王子方面からも少ない乗り換えで行くことが出来ます。

ちなみに・・・主な都営新宿線停車駅と乗り入れ路線はコチラになります↓↓

新宿:JR線、小田急線、都営大江戸線、丸の内線
新宿三丁目:丸の内線、副都心線
市ヶ谷:JR線、有楽町線、南北線
九段下:東西線、半蔵門線
神保町:三田線、半蔵門線
小川町:丸の内線(淡路町)、千代田線(新御茶ノ水)
岩本町:JR線(秋葉原)、日比谷線(秋葉原)、つくばエクスプレス(秋葉原)
馬喰横山:浅草線(東日本橋)、総武快速線(馬喰町)
森下:都営大江戸線
住吉:半蔵門線
本八幡:総武線、京成線(京成八幡)

こうして見てみますと、主な停車駅にはJR、メトロが乗り入れているので様々な地域からのアクセスが
非常に良好な大会なのです!

☆↓↓↓東大島マラソン大会の概要↓↓↓☆

フラットな走りやすいコースで初心者から上級者まで楽しめる大会となっております。
普段走り慣れてる方の自己ベスト更新や最近走り始めた初心者の方も参加しやすい大会となっております。
自動計測もございますので、タイムを測定したい方もこの機会に是非ご応募下さい。

東大島マラソン大会をチェック

※雨天決行いたします!!

【受付会場】荒川河川敷大島小松川公園下

【スケジュール】
・8時30分 受付開始
※各種目スタート30分前まで済ませてください
※大会説明 各種目スタート20分前
・9時30分 30kmの部スタート
・10時00分 ハーフマラソンの部スタート
・10時30分 5km・10km・親子の部スタート
・16時00分 競技終了予定

【参加費】(税・保険料込)
・フルマラソン5000円
・30km4500円
・ハーフ4000円
・ハーフマラソンリレー1人3000円
・10km3500円(ペア割一組6500円)
・5km3000円(ペア割一組5500円)
・5km親子3500円(1組料金)

【参加資格】
・30km 男女高校以上 制限時間:5時間半
・ハーフ  男女中学以上 制限時間:5時間
・10km 男女中学以上 制限時間:無し
・5km 誰でも可 制限時間:無し 
・親子5kmマラソン3歳~小学生のお子様と保護者 制限時間:無し

【定員】
800名

【コース】
・大島小松川公園付近から平井大橋の上流付近(片道2.5kmを予定)
○スタート地点周辺の給水所は水とスポーツドリンク、給食(バナナ・チョコなどを検討)を予定。
・受付時にゼッケンと注意事項等のパンフをお渡しいたします。
・参加者が走っている場合にはゴールするまで責任を持って応援フォロー致します。
・参加者個々の能力により終了時間がバラバラとなるため、ゴール次第完走証をお渡しし各自解散を予定しております。
・併走につきましてはご連絡ください。

【荷物預かり】
ブルーシートを設置予定(雨天の際はビニール袋を配布します)
【駐車場】
近隣のコインパーキングをご利用頂くか、公共交通機関をご利用下さい。

【アクセス】
都営新宿線東大島駅から徒歩10分

【賞品】
・各種目1~3位入賞者
・参加回数特典あり
・完走証:記録を印字し、当日発行

UP RUNの東大島マラソン大会をチェック

東大島エリアの楽しみ方やおすすめ情報のご紹介

UP RUNでは各大会のご紹介と共に、会場付近のおすすめ情報をご紹介しています。
せっかくマラソン大会に参加するために普段行かない街へ行くのですから、帰りにお楽しみがあってもいいですよね!!

今回ご紹介する東大島マラソン大会、会場周辺はショッピング施設が充実していることも魅力のひとつです。
小名木川を渡って、南東に15分ほど歩けば大型ショッピング施設「アリオ北砂」があります。
こちらは「イトーヨーカドー アリオ北砂店」をはじめ、ファッションや雑貨、書籍など多彩な専門店が集まっています。
もちろん飲食店も数多く入っているので、マラソン大会後にお食事をして行くのにいいかもしれませんね!

また、多くの地元密着型商店街が今も元気に残っているのが江東区大島。
その中でもひときわ活気づいているのが、会場最寄駅「東大島」の隣、「大島」駅から少し東へ行った「大島中の橋商店街(サンロード中の橋)」。
大島エリアにはさまざまな商店街があるのですが、全8つの商店街の中では一番規模が大きく、さらに1年を通してさまざまなイベントが行われているのです。

・スカイツリーもすぐそこ!!

都営新宿線で「住吉」駅まで行き、東京メトロ半蔵門線に乗り換えて「押上」駅で降りれば、
「東京ソラマチ」へも約10分で行くことも可能です。
こちらにも多彩な専門店が揃う他、水族館をはじめとしたレジャースポットも多数。ショッピング、お食事ついでに楽しみ処満載の施設になっています。

・大島エリアからバス、電車でアクセスしやすい錦糸町もおススメ!

「下町の歓楽街」「大人の街」という印象が強い錦糸町ですが、それはもう昔の話。

実は、錦糸町は大人も子供も遊べる施設も増え、大型ショッピング施設も多数。
豊かな自然が魅力の観光スポット「錦糸公園」もあり、近年はさまざまな年代層の方に優しい街になってきています。
女性に人気の高いカフェやショップも充実しています。

駅から北へ徒歩3分の場所に広がる「olinas(オリナス)」には、専門店のほか、8スクリーンを持つシネマコンプレックス「TOHOシネマズ錦糸町」もあるので、マラソン大会後に気になっていた映画を観に行くのもいいかも知れませんね!

錦糸町の娯楽施設と言えば「楽天地」。こちらは約80年も前から栄えてきました。
その楽天地ビル9階に「天然温泉楽天地スパ」があります。男性専用の温泉施設で、充実した設備の中でも人気が高いのがサウナです。特に、1日に15回も行われるロウリュウ目当てで訪れる方も多くいらっしゃいます。マラソンで疲れたからだを癒すのにはちょうどいい施設かも知れません。

まとめ

 class=

ランナーさんに人気の高い荒川河川敷での開催になりますので、ベテランのランナーさんへも自信をもっておススメしたい大会です。初めて大会などに参加するビギナーランナーさんも、アップダウンがなくフラットなコースになるのでとても参加しやすい大会となっています。
親子の部があるので、お子様やお孫さんと参加していただき完走する喜びをご一緒に分かち合うのもいいかも知れません。
また、大島エリアには商店街やショッピング施設も充実しているので、マラソン大会後にお友達とお食事やお酒目当てにちょっとした寄り道が出来るのも醍醐味です。

他の会場に負けず劣らず、大会後のお楽しみも満載のUPRUN東大島マラソン大会。

皆様の東大島マラソン大会へのご参加を、UP RUNスタッフ一同心よりお待ちしております!

東大島マラソン大会をチェック