UP RUN

VENUE-Shinyokohama

新横浜大会の魅力

 class=

毎週各地で開催されているUP RUNのマラソン大会ですが、新横浜で開催される
鶴見川マラソン大会の魅力をご紹介!
開催場所となる新横浜ですが、日産スタジアムや駅周辺のグルメスポット、少し行けばみなとみらい、横浜中華街もあります。
大会に参加したあともお楽しみがたくさんあるエリアでのマラソン大会なのです。

新横浜のどこで走るの?大会の概要と魅力!!

【こんな方にオススメ!】
・ベテランランナーさんの自己ベストを更新
・マラソン初心者の方
・大会に初めて参加する方
・同僚、友達と楽しみたい方
・走った後にいろいろ楽しみたい方(楽しみ方は後ほどご紹介↓)

UP RUNの新横浜マラソン大会概要をご紹介
☞UP RUNの新横浜マラソン大会はこちらから!

鶴見川河川敷を走るフラットな走りやすいコースで、初心者から上級者まで楽しめる大会となっております。
普段走り慣れてる方の自己ベスト更新や最近走り始めた方のランニング練習にご活用ください。自動計測もございますので、タイムを測定したい方もこの機会に是非ご応募下さい。


●受付会場:新横浜駅前公園付近


●スケジュール:8時30分 受付開始


●各種目スタート30分前まで済ませてください


●大会説明 各種目スタート20分前
・9時30分 フルマラソンの部スタート
・10時00分 30kmの部スタート
・10時30分 ハーフマラソンの部スタート
・11時00分 10kmの部スタート
・16時00分 競技終了予定


●参加費(税・保険料込)
1.フル 5000円
2.30km 4500円
3.ハーフ 4000円
4.10km3500円(ペア割一組6500円)


●参加資格
・フル 男女18歳以上 制限時間:6時間
・30km 男女高校以上 制限時間:5時間30分
・ハーフ 男女中学以上 制限時間:5時間
・10km 男女中学生以上 制限時間なし


●定員 700名


●コース 新横浜の鶴見川5kmの特設周回コース


○スタート地点、折り返し地点に給水、給食所を設置(水、フルーツ、チョコレート等予定)
・更衣室用に3mx3mのテントを設置予定(シャワーはありません)
・受付時にゼッケンと注意事項等のパンフレットをお渡しいたします。
・参加者が走っている場合にはゴールするまで責任を持って応援、フォローをさせていただきます。
・参加者個々の能力により終了時間がバラバラとなるため、ゴール次第完走証をお渡し後、各自解散を予定しております。
・併走につきましてはご連絡ください。
●荷物預かり:ブルーシートを設置予定(雨天の際はビニール袋を配布します)
●駐車場:近隣のコインパーキングをご利用頂くか、公共交通機関をご利用下さい。
●アクセス:新横浜駅徒歩10分
●賞品
・各種目1~3位入賞者
・参加回数特典あり
・完走証:記録を印字し、当日発行

上記は一例になります。定期的に開催中です!ぜひ下記から大会スケジュールをチェックしてみてください!

☞UP RUNの新横浜マラソン大会はこちらから!

・・・初めて参加をするのだけれどUP RUNの大会ってどんな感じなの?他会場ですが、UPRUNの大会の1日の流れに密着した下記の記事もどうぞご覧ください!!

☞参加者目線で「UP RUN」のマラソン大会をご紹介!!

マラソン大会後のお楽しみも満載??新横浜のお勧めスポットとは??

せっかく横浜に出向いたならば、マラソン大会後も最後まで楽しみたい!!

むしろ我々UP RUNもぜひ大会とセットでその後も楽しんでいただきたいのです!!!
新横浜は、”横浜の玄関口”とも言われています。ビジネス街であまり観光地がないイメージも強いのですが、名物グルメを食べたり、お土産を探したり・・・と、楽しみ方はたくさんあります!
冒頭でもお伝えしましたが、みなとみらいや横浜中華街も近く、マラソン大会後のプチ観光を楽しむこともできてしまいます!
UP RUNのマラソン大会が開催される新横浜を中心に、おすすめスポットをご紹介していきます!!

◆ラーメン好きなら一度は行ってみたい「ラーメン博物館」

ご存じ、その名のとおり全国各地のラーメンが食べれるグルメテーマパークです。
ラーメンが大好きな方は行ったこともあるよなんて人もいらっしゃるでしょう。
札幌の【すみれ】や熊本の【こむらさき】など、一度は聞いたことがあるラーメン店の他に、
海外で人気のラーメン店など、世界のラーメンがここラーメン博物館で堪能できてしまいます!
好きなラーメンがあればそのお店でしっかり堪能するのもアリ。色んなお店のものを少しずつ食べてみたい方は、どのお店も小さいサイズでの注文も可能です!
少しずつ色んなお店のラーメンを堪能することができます。
ラーメン博物館の中は古きよき昭和の町並みをイメージ、懐かしい駄菓子屋さんや、大道芸などを見物することもできます。
新横浜駅から歩いてすぐなので、マラソン大会が終わった後のエネルギーチャージに訪れてみるのもいいかもしれませんね!!

◆横浜の名物!誰もが知る崎陽軒のシュウマイ!!

横浜と聞くとまず思い浮かぶのが中華街ですが、並んでイメージするのが崎陽軒のシュウマイ。
そんな崎陽軒のシュウマイですが、新横浜に工場があるのをみなさんご存知でしょうか?
最寄り駅は新横浜駅で、大会会場から少し距離はあるのですが、バス、タクシーで10分ほどです。
工場見学自体は予約製にはなります。ミュージアムショップは予約不要でお買い物も楽しめます!
崎陽軒のシュウマイが好きすぎてたまらない、これを読んで食べたくなってしまった・・・という方は是非お立ち寄りになってみてはいかがでしょうか。

◆やっぱり横浜言えば中華!観光より中華が食べたい!!

マラソン大会後の空腹を満たしたい、せっかく横浜に来たんだから帰りは絶対中華!!
なんて、大会に参加された多くの方が張り切っているかもしれませんね(笑)
横浜といえば『中華街』が有名ですが、マラソン大会が開催される新横浜駅周辺にもたくさんのお店があります。
本格中華からカジュアルなお店もあるので、中華街まで行かなくとも駅から徒歩圏内でおなかを満たせること間違いなしです!
とはいえ、やはり横浜の中華街は店舗数が多いので、せっかく来たからには足を伸ばしてみるのもいいかもしれません。

まとめ

 class=

新横浜鶴見川河川敷で行われるUP RUN新横浜鶴見川マラソン大会の魅力と、大会後の楽しみ方もごく一部ですがご紹介しました。
河川敷で開催されるマラソンコース自体も、初心者の方でも大変走りやすいフラットなコースになっており、
初めての方でも参加しやすく、ベテランランナーの方は自己記録更新にはもってこいのコースになっています。
さまざまな種目をご用意していますので、是非幅広い層のランナーの方にご参加いただきたく思っております!!
また、横浜という土地を観光なさるのもいいですし、グルメを楽しむのもいいですよね。
もちろん、普段鶴見川河川敷でトレーニングしている方には見慣れた風景かもしれませんが、せっかく行ったからには大会後の夜まで横浜を満喫していただきたい!

大会終了後のお楽しみも満載な、UP RUN新横浜鶴見川大会へのご参加を スタッフ一同心よりお待ちしております!!

☞UP RUNの新横浜マラソン大会はこちらから!

🔙各会場の特徴へ戻る