UP RUN

VENUE-horikiri

堀切橋大会の魅力

毎週どこかでマラソン大会を開催しているUP RUNですが、その中でも荒川河川敷で開催されるマラソン大会は人気です。
荒川河川敷といってもエリアが広く、様々な場所があります。
『UP RUN堀切橋マラソン大会』が開催されるこちらのエリア、
少し都心から離れた落ちついた街となっており、すぐ脇に荒川が流れているのでランナーにとって走りやすい環境が整っています。

今回は、そんな堀切橋大会における魅力に迫ります。

堀切橋って何処?どうやって行ったらいいの?コースの魅力は?

「堀切」という地名は聞いたことがあるけれど、『堀切橋』ってどこなんだろう・・・?
簡単にいうと、北千住駅の裏を流れる荒川を渡った先が堀切エリアになります。

北千住側にも『堀切駅』があるのですが、堀切橋大会の最寄り駅としては京成電鉄の『堀切菖蒲園』になります。
ですので、UP RUNでも『北千住荒川大会』を開催していますが、川を挟んで反対側の河川敷での開催になります。

堀切菖蒲園駅ですが京成電鉄になるため、上野、日暮里からのアクセスになります。

北千住駅から徒歩圏内の京成電鉄『京成関屋』からも一駅。
上野、北千住駅から京成電鉄に乗り換えてしまえばいいだけなので、意外と都心からも県外からもアクセスが良いのです!

また、なんといっても荒川河川敷はアップダウンも少なくフラットなコース。
ベテランランナーの方の自己タイム更新や、初めて大会にする初心者ランナーの方にももってこいのコースでなのです!

堀切橋マラソン大会の概要をご紹

☞UP RUN堀切橋マラソン大会をチェック

日本が誇るランドマークタワー【スカイツリー】の最高の景観を見ながら走るコースは格別!UP RUNでのマラソン大会では自動計測を導入しているので、タイムを計測したいベテランランナーの方も安心の大会となっております。

※雨天決行いたします!!

◇受付会場:堀切水辺公園 芝生周辺

◇スケジュール
・8時30分 受付開始
※各種目スタート30分前まで済ませてください
・9時30分 フルマラソンの部スタート
・10時00分 30kmの部スタート
・10時30分 ハーフマラソンの部・ハーフマラソンリレーの部スタート
・11時00分 5km・10km・親子の部スタート
・16時00分 競技終了予定

◇参加費(税・保険料込)
1.フル 5000円
2.30km 4500円
3.ハーフ 4000円
4.ハーフマラソンリレー1人3000円
5.10km3500円(ペア割一組6500円)
6.5km3000円(ペア割一組5500円)
7.5km親子3500円(1組料金)

◇参加資格
フルマラソン 男女18歳以上 制限時間:6時間
30km 男女高校以上 制限時間:5時間半
ハーフマラソン 男女高校以上 制限時間:5時間
ハーフマラソンリレー 男女中学以上
※一本のタスキを繋いでチームで4周走ります。走る順番や周回数は自由♪
※端数調整の為、第1走者のみ1.0975キロ多く走ります。2~4人チームの構成。
・制限時間:5時間
10km 男女中学以上 制限時間:なし
5km 誰でも可 制限時間:なし
5km親子マラソン3歳~小学生のお子様と保護者 制限時間:なし

◇定員 800名

◇コース 堀切橋河川敷〜荒川河川敷木根川橋少年野球場(片道2.5km)

○スタート地点、折り返し地点に給水、給食所を設置(バナナ・チョコ・パン等予定)
・更衣室用に3mx3mのテントを設置予定(シャワーはありません)
・受付時にゼッケンと注意事項等のパンフをお渡しいたします。
・参加者が走っている場合にはゴールするまで責任を持って応援フォロー致します!!
・参加者個々の能力により終了時間がバラバラとなるため、ゴール次第完走証をお渡しし各自解散を予定しております。
・併走につきましてはご連絡ください。
◇荷物預かり:ブルーシートを設置予定(雨天の際はビニール袋を配布します)
◇駐車場:近隣のコインパーキングをご利用頂くか、公共交通機関をご利用下さい。
◇アクセス:京成本線堀切菖蒲園駅から徒歩15分
     東武スカイツリーライン堀切駅から徒歩17分
◇賞品
・各種目1~3位入賞者
・参加回数特典あり
・完走証:記録を印字し、当日発行

上記は一例になります。定期的に開催中です!ぜひ下記から大会スケジュールをチェックしてみてください!

☞UP RUN堀切橋マラソン大会をチェック

堀切橋大会の後は、隣の北千住でお楽しみが満載!

マラソン大会に参加される方の一番の目的は走ることですが、大会に参加するにあたり遠出になる方も中にはいらっしゃるでしょう。
・・・せっかく行くなら、終わった後もその土地を楽しみたいところ。

実のところ堀切菖蒲園駅周辺はお店の並びが少ないのですが・・・ご安心を!
川を挟んだ反対側、『北千住』が走り疲れた皆さんを温かく迎えてくれるはずです!

北千住大会のご紹介の際もお伝えしましたが、近年北千住は穴場のスポットとしても注目され、駅周辺もかなりにぎわってきています。
堀切菖蒲園駅からも一駅の『京成関屋駅』で下車し、徒歩で北千住まで行くことができるのでアクセスも良好。

北千住駅周辺は駅ビルになり近代的になってきていますが、もともと宿場街だった為、少し歩くとまだ下町情緒があふれる北千住が健在しています。

北千住駅の西口と東口で雰囲気が違うのも面白いところ。

西口エリアは駅ビルがそびえ、北部の「宿場町通り」や、北千住のメインストリート「千住本町商店街」を中心に、活気あるお店が立ち並びます。

一方東口エリアには、駅前の通りを一歩踏み入れると住宅地が広がっています。
実は、その中に雰囲気の良い飲食店が点在していたりもするのです。北千住に訪れる方も年々若い方が増えている傾向にあり、おしゃれなカフェやショップもあります。

特に有名なのは「飲み横」とも称される「ときわ通り」。ここは、細い通りの両側に老舗の居酒屋から焼肉、寿司、おでんにラーメン、今風の立飲みバルまで、各種の飲食店が並んでいます。
メイン通りから少し脇へ入っても飲食店がまたずらっと並んでいます。お好みに合わせて好きな味が楽しめますし、商店街、飲食店街ともに競合が多いことから、価格がかなり安いのも魅力の一つです。

汗をかいても安心!北千住には昔ながらの銭湯も充実!

駅周辺の近代化が進み、若年層の利用者数も増えてきている北千住。
しかし、昔ながらの商店街があるためか路地を一本入ると蔵や銭湯、古民家など、歴史を感じさせる風物が残されているのも魅力の一つです。
宿場町として栄えていた頃より件数は減ってきているようですが、未だに北千住周辺には8軒ほどの銭湯が残っています。
「キングオブ銭湯」と呼ばれる大黒湯、「キングオブ縁側」と呼ばれるタカラ湯など、どこか懐かしい雰囲気漂う有名銭湯も。マラソン大会でかいた汗を銭湯で流し、さっぱりした後商店街で格別の一杯を!

『北千住』エリア別の料理ジャンルとは?

北千住の中でも一番の繁華街として人気なのが西口エリアになります。
様々な年代層のニーズに応えるべく、居酒屋、ホルモン焼き、おしゃれなカフェ、多国籍料理・・・と選べる飲食店のジャンルも様々。
店舗数もたくさんあります。UP RUNマラソン大会の定員は約800人なのですが、例え800人全員がマラソン大会後北千住西口エリアに行ったとしても(もちろん違うお店にはなりますが)すべての人が入店できちゃうくらいの店舗数。マラソン大会後の気分に合ったお店がきっと見つかる事でしょう。

まとめ

 class=

大会自体は、荒川の河川敷で開催されるためどんな方でも走りやすく、自己記録の更新や初めて参加される方にもおすすめです。
河川敷で走ることの少ない方はぜひ一度、河川敷で走る気持ちよさを味わってみませんか?
マラソン大会終了後のお楽しみも期待的できる大会になっています。川向こうの北千住で立ち並ぶ種類豊富なお店が、マラソン大会でお疲れの皆さんを迎え入れてくれることでしょう。

走りやすさ、愉しさ満載の堀切橋大会。皆様のご参加を、UP RUNスタッフ一同心よりお待ちしております!

☞UP RUN堀切橋マラソン大会をチェック

🔙各会場の特徴へ戻る