マラソン大会 PICK UP!

マラソン大会やトレーニングに適した服装の選び方

はじめに

近年、マラソンの人気が高まっています。東京マラソンの抽選倍率が10倍以上ということからみても、かなりの人気であるといえるでしょう。
絶対に走りたくないと思っていた方でも、始めてみると意外に病み付きになって、マラソンに夢中になるということもあるようです。
そこで、これからマラソンを始める方へ、またマラソン大会へ出場を控えている方へ、マラソン時の適切な服装などについてご紹介していきます。

マラソン時の適切な服装

マラソンを楽しむ方の中には、日頃の運動不足解消や健康志向への高まり、また本格的に取り組む方まで、さまざまな方がいらっしゃるでしょう。
マラソン大会では、仮装を楽しんでいる方もいらっしゃいます。
しかし、長距離を走るマラソンでは、服装をきちんと選ぶことも大事です。

ランニング時の服装としてまず必要なものは、Tシャツ、ショートパンツ、ランニングシューズの三つです。

上に着るもの

上に着るものとしては、速乾性のあるTシャツ、いわゆる機能性Tシャツと呼ばれるものがよいでしょう。汗をかいたときにも快適に走れるようなものをおすすめします。
加えて女性の場合は、普通のブラジャーではなく、スポーツブラを着用するとよいでしょう。

下に履くもの

下に履くものとしては、ショート丈のものがよいです。
長いものでは走りにくく、マラソンには不向きです。また、絶対というわけではありませんが、履くことで関節をサポートしてくれるランニングタイツもおすすめです。

足元

シューズは、スニーカーではなく、ランニングシューズを準備してください。
ランニングでもっとも重要といわれるのが「シューズ」です。色々な種類があると思いますが、マラソンを始めたばかりの方は特に、クッション性のあるものがおすすめです。

基本的には上記三つとなりますが、ランニング用の靴下もあります。長い時間、長い距離を走るためや、足への負担を減らすため、靴下を着用する方も多いです。
足に負担がかかることの多いランニングには、自分の足に合う、きちんとしたシューズを選ぶことで、長く楽しくマラソンを続けることができるでしょう。

雨の日の服装

雨の中を走る場合、雨に濡れることによって体が冷える、冷えから筋肉の硬直へとつながり、練習時のペースで走るのが難しくなる、また雨で視界を遮られるなどの懸念点が挙げられるでしょう。
濡れることによって身に着けているものが重く感じられたり、路面が濡れて滑りやすくなるなど、雨による影響は様々です。

そんな雨の日のランニングでのポイントは、まず「準備運動」です。
体を冷えから守るために、走る前に体をあたためておくことが大切です。準備運動をしっかり行いましょう。
また、濡れたまま走ると、普段より体力が必要となります。レインコートやポンチョで、濡れるのを防ぎましょう。ほかには、防水性のあるランニングキャップで顔が濡れるのを防ぐことができます。
体を冷やさないことが大切であるため、色々なグッズを活用し、天候に合った服装で走りましょう。

冬のマラソンは服装が結果を左右する

ベストシーズンは冬

マラソンで良いタイムを出せるのは、気温が6~7度といわれています。
そのため、ランニングのベストシーズンは、実は「冬」なのです。
大きな大会は、だいたい冬に行われています。
とはいえ、走りやすい季節とは言い難く、気温に対応できる服装が必要です。

適切な服装

それでは、冬のマラソンに必要な服装とはどのような服装でしょうか。
冬のマラソンウェアは、「防寒性」を軸に、「吸水性」や「速乾性」の高いものを選びましょう。寒いことで体力を使い、また走っていると汗をかくため、冷えによって筋肉が固まってケガをする可能性があります。

寒がりの方は、長袖のTシャツを着用するとよいでしょう。
ウインドブレーカーを着用する方も多いですが、防寒性があり、着脱がしやすくて軽い、透明のものを選ぶことをおすすめします。マラソン大会では、ゼッケンが見えていることが必須になるため、透明なものを選びましょう。
また、雨のときには、ウインドブレーカーはレインコート代わりにもなるため、撥水性のあるものを選んでおくと便利です。
体を保温するために、キャップ、ネックウォーマー、靴下、手袋なども準備しておくと安心でしょう。ランニング専用として販売されているものであれば問題ありませんが、機能性と素材を確認し、質の良いものを身に着けることをおすすめします。
快適なものを選び、冬のマラソンを走りきりましょう。

ランニングのお供に!あると便利なアイテム

服装のほかにも、あると便利で快適なアイテムをご紹介しましょう。
まずは、「音楽プレイヤー」です。ランニング中の方でイヤホンをしている方もよく見かけますが、テンションの上がる音楽を聴きながら走ることで、気持ちも盛り上がり、足取りも軽くなるのではないでしょうか。
また、日差しの強い季節には、サングラスがあると快適でしょう。長距離を走る場合は、思うよりも重さが気になるため、身に着けるものは軽量タイプを選びましょう。

まとめ

ここまで、マラソンに適した服装をご紹介してきました。
道具も不要で、今からでもすぐに始められる、いたってシンプルな「走る」というスポーツ。体力が増し、若さも保てるランニング、自分と気候に合う適切なもの、そしてお気に入りのウェアやグッズを身に着けて、ぜひ楽しんでください。
走るのに慣れてきた方は、マラソン大会へチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

>>マラソン豆知識の一覧に戻る

皇居マラソン特集

  1. 登録されている記事はございません。

人気の大会ランキング

おすすめの大会

PAGE TOP